リフォームのススメ

住宅リフォーム住まいリフォームのことならマイリフォームレシピで!

掲載希望の業者様はこちらから
当サイトへ掲載ご希望の業者様はこちらをご利用ください。

  • リフォーム業者検索
  • リフォーム事例集
  • リフォームのコツ!
  • リフォームコンテンツ
  • リフォーム基礎知識
  • 不動産業者検索

リフォーム >

リフォームコンテンツ >

リフォームのススメ >

ぐるぐるまわれる家の中にしたリフォーム NO.2【Vol.089】

リフォームのススメ

2010/12/16
竹岡 美智子

ぐるぐるまわれる家の中にしたリフォーム NO.2【Vol.089】

〜第二回、こだわりのカーテンとこだわりのキッチン〜

こだわりのカーテン

何度もショールームに足を運んで選んだカーテンが、とうとうKさん宅の窓につけられました。「カーテンがつくと、落ち着き『しつらい』が出てきます。」というKさんの言葉に連れられて千葉県のお宅に伺いました。

玄関ホールの窓にかけられたローマンシェード

玄関を開けると、玄関ホールの窓にかけられたローマンシェード。英国王室のプライベートスペースまで手がける、ニナ・キャンベルのデザインです。うすいグリーン地に大柄の花、生地が華やかなので、あれこれ細工はせずにプレーンに仕上げてあります。イギリスから取り寄せたものです。


Kさん宅は、キッチンコーナーと、リビングダイニングコーナーに分かれているとはいえ、一室です。しかも出窓もあるのです。普通に考えたら、窓側にレースを掛けて部屋側にドレープを掛けます。しかしKさんは、部屋側にレースを掛けて窓側にドレープを掛けたいと考えていました。大きなテラス窓には、レースの風合いを昼と夜で違う表情にしたかったからです。さすがに出窓まで同じにとはいかず、どうしたらよいかを考えてもことは進まないので、ともかく、一番大きなテラスの窓に似合うカーテン生地から探し始めました。そして、数ヶ月かけて出合ったのが、ウィリアム・モリスのウイローボウ柄のレース地。光沢のある記事に植物柄が点々とあるシノワズリー風のアユラのドレープ地でした。マナ・トレーディング社のショールームに何度目かに行ったときのことでした。生地サンプルをもらってきて、自宅の窓に貼り付けて眺めているうちに、同じ仕上げにしなくともよいことに気がついたのです。出窓はテラスの窓とは反対に、レースを窓側にしてドレープを部屋側にしてみることにしたのです。

ウィリアム・モリスのウイローボウ柄のレース地

どうでしょうか。ダイニングチェアに座ってテラス窓と出窓を眺めると、同じ生地を使っているのに違う表情をかもし出していながら、しっくりとバランスを保っていると思いませんか?

ウィリアム・モリスのウイローボウ柄のレース地

やはりまわれるキッチン


前回ぐるぐるまわれる水まわりのリフォームとしましたが、Kさんのアイランドキッチンもぐるぐるまわれるのです。大きな荷物をもっていても余裕のある“空き”80cm、食器などをもっていても通れる“空き”40cmを確保したら、幅2180mm、奥行き1100mmのキッチンカウンターになったのです。このサイズにちょうどいいキッチンは、市販のシステムキッチンにはありません。Kさんだけのオリジナルキッチンは、造作キッチンです。カウンター材は、熱にも汚れにも強いアメリカのデュポン・コーリアンのカメオホワイト。扉の色は白と青の2色使い。青といっても、群青色といった方がよいでしょうか。リビング側から見るとその群青色は、シンクカウンター後ろの食品庫の真中に1本、床から天井まですっくと立ち上がっています。今度はシンク側に回りこんでみると配膳カウンターの下も、家電タワーの下も、シンク部分も勿論、全部群青色です。キッチン作業中は群青色に囲まれて、くつろぐ時は白の中の一本の群青色を楽しんで。と、キッチンの二つの表情は、カーテンの二つの表情と同じになっていたのです。

こだわりのオリジナルアイランドキッチン

奥行きの深いカウンターを利用して、リビング側と冷蔵庫側の2箇所に食器戸棚を設けてあります。引き戸を開いてみたら、そこにニナ・キャンベルの紅茶の缶が納まっていました。そして、ウィリアム・モリスのモーニングカップも。カウンターの下の収納は、シンク側の鍋収納も含めると、3方向から使用できるようになっているのです。

家電類は家電タワーに


配膳カウンターを作っても、カウンターの上に電子レンジや炊飯器、トースターを置いてしまうと配膳をするスペースがなくなってしまいます。そんなことが無いように、Kさんのところには、家電タワーをつくって家電製品を積み重ねるように棚に収納しました。電子レンジなどは低いカウンターに置くよりも、少し高めのところのほうが使いやすいのです。バーミックスをよく使用するKさんのために、バーミックス専用の置き場をつくって、いつでも使用できるようにセッティングしたまま収納ができます。

レンジフードは、アリアフィーナ社のセンターマヤです。ステンレスの底面の周囲の溝に、臭いや煙を吸い込みます。フィルターがないので、目詰まりによる吸い込み低下の心配はなく、掃除も簡単です。

キッチンまわりの様子

Kさん宅のリフォームは、キッチンを新しいものに取り替えても何も生活は変らないと話してくれたことから始まりました。前回訪問したときは、水まわりがぐるぐるまわれて、嬉しいと言ってくれました。今回の訪問ではキッチンもぐるぐるまわれて楽しいといってくれました。好きなものに囲まれての生活は、楽しいものだと思われます。これもKさんのこだわりが運んでくれたものです。室内犬のメルちゃんがキッチンや家中をぐるぐるぐるぐるまわって歓迎してくれました。


よくある質問リンクについて利用規約プライバシーポリシー会社概要登録業者様ログインリフォーム会社経営者様へメールマガジン解約

企画・運営 株式会社アイフラッグ
Copyright 2001-2013 My Reform Recipe. All Rights Reserved

アイフラッググループ 提供サービス | 建築業界特化型ホームページサービス ハウジングスタイル | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 サイトディレクター

初心者も安心のホームページトータルサポート クラウドパッケージ | アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス

アイフラッグ ヤフーショッピング オークションブースカスタマイズ 制作代行

医院検索・病院検索 | カラダ・健康情報 | 税理士 | 製造 | 運送業者検索 | ガーデニング