リフォームのススメ

住宅リフォーム住まいリフォームのことならマイリフォームレシピで!

掲載希望の業者様はこちらから
当サイトへ掲載ご希望の業者様はこちらをご利用ください。

  • リフォーム業者検索
  • リフォーム事例集
  • リフォームのコツ!
  • リフォームコンテンツ
  • リフォーム基礎知識
  • 不動産業者検索

リフォーム >

リフォームコンテンツ >

リフォームのススメ >

心の音を出す階段 【Vol.012】

リフォームのススメ

2004/09/01
竹岡 美智子

心の音を出す階段 【Vol.012】

前回は子供部屋の話をしましたが、今回は子供を育てる階段のお話です。
以前、施主の落合さんと階段をどの位置に持っていくかという打合せをした時のこと。
「玄関から入ってすぐの廊下に階段があるのはイヤね。」という話になりました。
建売住宅によくあるプランの階段の位置です。

これですと、「ただいま」と子供が帰ってきて、まっすぐ自分の部屋に直行されることがあり、子供の様子がよくわかりません。
キッチンで洗い物をしている時だったりすると、階段を駆け上がる足音が水音でかき消されてしまうので、友達も一緒に来ているのがわからなかったりする場合もあります。

そこで、「リビングにある階段というのは、どうでしょう。」と落合さん。
なるほど。自分の部屋に行くのに、必ずリビングを通らなければいけないというのは案外よいことかもしれません。

でも私は反対です。
家の住まい方からいくと、階段がリビングにあるのは夏はよいのですが、冬はリビングを暖めた空気が、全部階段をのぼっていってしまうので、暖めても暖めても寒いリビングになります。それにうるさいです。
実は階段の昇降というのは、結構、足音が響いてうるさいのです。

しかし、この足音というのは子供の様子を知るのに一番わかりやすいものでもあります。
元気な時は「とんとんとん」と弾むようなリズムですし、元気のない時は「ずうずうずう」と引きずるような音です。
それでその日の子供の様子を伺います。

子供の様子を伺うのに私のおすすめの階段の場所は、キッチンまわりです。

落合さんの階段は、キッチンの後ろ側にとりました。
玄関からまず、リビングを通ってキッチンにいる母親と声をかけあって、キッチンの後ろの階段を昇ります。
母親に、にっこり笑顔で挨拶のあとに、階段を昇るのが「ぽんぽん」という音なら元気な印、「ずるずるー」の音の場合は、今日学校で何かあった印。
そんな時は、帰って一段落したあたりに、おやつを出して、さりげなく聞き出してみよう、と思うこともあるようです。

前回手掛けたお施主様の家の階段は、キッチンの右隣です。
玄関を通って、横顔で母親とただいまの挨拶をして、階段を昇ります。
母親が見ている踊り場までは、いつも元気でとんとんと昇っていき、踊り場から折れ曲がって、母親の視線が届かなくなったところから、注意して足音のリズム判断をするそうです。
そこはやっぱり母親。「から元気なのか、本元気なのかが手に取るようにわかるのよ。」とのこと。

階段は、母と子の見えないコミュニケーションの場でもあります。
家相家の小池康壽さんは、「階段は子供の心の音をあらわす打楽器です。」と、名言されました。私もまったく同感です。
今日の心の音はどう判断しましたか?


よくある質問リンクについて利用規約プライバシーポリシー会社概要登録業者様ログインリフォーム会社経営者様へメールマガジン解約

企画・運営 株式会社アイフラッグ
Copyright 2001-2013 My Reform Recipe. All Rights Reserved

アイフラッググループ 提供サービス | 建築業界特化型ホームページサービス ハウジングスタイル | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 サイトディレクター

初心者も安心のホームページトータルサポート クラウドパッケージ | アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス

アイフラッグ ヤフーショッピング オークションブースカスタマイズ 制作代行

医院検索・病院検索 | カラダ・健康情報 | 税理士 | 製造 | 運送業者検索 | ガーデニング