収納名人 リフォーム

住宅リフォーム住まいリフォームのことならマイリフォームレシピで!

掲載希望の業者様はこちらから
当サイトへ掲載ご希望の業者様はこちらをご利用ください。

  • リフォーム業者検索
  • リフォーム事例集
  • リフォームのコツ!
  • リフォームコンテンツ
  • リフォーム基礎知識
  • 不動産業者検索

リフォーム >

リフォームのコツ >

収納名人 >

デッドスペースの有効活用!

収納名人

デッドスペースの有効活用!

あきらめてない?住まいのデッドスペース活用

あれこれと試した住まいの収納ですが、スペースは限られているものです。しかし、住まいのデッドスペースを上手に利用すれば、収納スペースとして活用の幅が広がります。 例えば、廊下、階段の下、天井、家具の隙間、柱と壁の間、梁(はり)と梁との間、ベッドや下駄箱の下など、探してみれば、使っていない無駄な空間がたくさんあります。

階段下、デッキ・ベランダ・屋根裏の賢い活用方法

では、住まいのデッドスペースを具体的にどのように利用すればよいのでしょうか。

まず、廊下は壁面を利用しましょう。天井から床までをフル活用すると、納戸ぐらいの収納量は確保できるはずです。奥行きの浅い棚をつけて、本や掃除用具などを収納してみてはいかがでしょうか。

階段下を収納スペースとして利用するなら、アイデア次第です。ボックス家具を並べたり、収納戸棚を取り付ければ立派な収納スペースに変身します。壁に穴を空けるのが無理ならば、廊下に沿って書棚を置いてみてもよいでしょう。腰高で15センチ程度の出っ張りなら圧迫感もなく、本やCDがすっきり片付きます。

天井付近や階段上の空きスペースを利用したリフォームもオススメです。例えば、梁や柱の出っ張りにぴったり合わせて、造り付け家具を作ってもよいでしょう。吊り戸棚や棚などを取り付ければ、収納スペースとしても活用できます。ただし、頭上のスペースですから、重いものは置かないなど安全面には十分に気をつけましょう。

その他の収納方法はこちらから▼


よくある質問リンクについて利用規約プライバシーポリシー会社概要登録業者様ログインリフォーム会社経営者様へメールマガジン解約

企画・運営 株式会社アイフラッグ
Copyright 2001-2013 My Reform Recipe. All Rights Reserved

アイフラッググループ 提供サービス | 建築業界特化型ホームページサービス ハウジングスタイル | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 サイトディレクター

初心者も安心のホームページトータルサポート クラウドパッケージ | アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス

アイフラッグ ヤフーショッピング オークションブースカスタマイズ 制作代行

医院検索・病院検索 | カラダ・健康情報 | 税理士 | 製造 | 運送業者検索 | ガーデニング