シックハウス入門 リフォーム

住宅リフォーム住まいリフォームのことならマイリフォームレシピで!

掲載希望の業者様はこちらから
当サイトへ掲載ご希望の業者様はこちらをご利用ください。

  • リフォーム業者検索
  • リフォーム事例集
  • リフォームのコツ!
  • リフォームコンテンツ
  • リフォーム基礎知識
  • 不動産業者検索

リフォーム >

リフォームのコツ >

シックハウス入門

■シックハウスとは?

現在シックハウス症候群を呼び起こす家を総じて「シックハウス」と呼ばれています。 シックハウス症候群とは、住宅の新築や改装工事後、住宅建材から室内に発生する揮発性化学物質やダニアレルゲンが原因で体調不良・健康障害を引き起こす事を言われています。 しかし、未だその定義は明確にされておりません。

シックハウス症候群の主な症状
  • ・喉の痛み
  • ・眼の痛み
  • ・皮膚炎
  • ・呼吸器障害
  • ・頭痛
  • ・鼻炎
  • ・嘔吐
  • ・めまい

病気としてのメカニズムと治療法も解明されておらず、医療分野でも対応が整備されていないのが現状です。 この現状を踏まえると、建材メーカー、施工者、そして消費者も自らの手で安全、健康を確保する事を考えなくてはいけないようです。

このページのTOPへ

■化学物質過敏症とは?

シックハウス症候群同様、化学物質過敏症も同じような症状があります。 但し、シックハウス症候群は住居内での知覚症状が多いのに対し、化学物質過敏症はあらゆる環境において化学物質に過敏に反応し、排気ガスやタバコの煙など大気中の化学物質をはじめ、化粧品や洗剤などに含まれる微量の化学物質にも反応してしまいます。

このような症状から、化学物質過敏症は日常生活にも大きな支障をきたす場合が多く、現実に自宅を離れ療養生活を余儀なくされている方も少なくありません。

化学物質過敏症の発症の原因

いずれも発症の原因は、日常生活のうえで最も多い時間(睡眠時間を含む)を過ごす住居内の化学物質汚染によるものが多いと考えられており、現に新築・リフォーム後に突然発症したという例が多数報告されています 。

その中でも特に主婦層が多いと言われている事から、住環境に大きく起因している可能性が指摘されています。但し、発症時期とその可能性については個人差が大きく、それが原因解明の妨げにもなっているようです。

このページのTOPへ

■リフォームによる有害化学物質の発生要因とは?

リフォームによる有害化学物質の発生要因とは?
No. 発生要因 有害化学物質名
1 ビニールクロス 可塑剤、ホルムアルデヒド
2 塗料 トルエン、キシレン
3 断熱材 ホルムアルデヒド
4 接着剤 トルエン、キシレン、ホルムアルデヒド、可塑剤
5 木製複合フローリング ホルムアルデヒド
6 家具類 ホルムアルデヒド
7 合板、MDF、バーティクルボード ホルムアルデヒド
8 石油暖房器具 一酸化炭素、二酸化炭素
9 たたみ 有機リン系殺虫剤
10 木材保存剤、防蟻剤 有機リン系殺虫剤、ピレスロイド系殺虫剤
このページのTOPへ

■有害化学物質による健康への影響とは?

有害化学物質名 人体への影響
ホルムアルデヒド 鼻、咽頭の刺激、流涙、くしゃみ、せき、吐き気、呼吸器障害、発ガン性
トルエン 倦怠感、知覚異常、吐き気
キシレン 眼・咽喉の刺激、知覚障害、吐き気
パラジクロロベンゼン 眼・鼻・のどの刺激、咽頭痛、悪心、嘔吐、肝・腎機能低下
エチルベンゼン 眼、皮膚、気道の刺激、中枢神経への影響
スチレン 眼、皮膚、気道の刺激、喘息
フタル酸ジ-n-ブチル 吐き気、頭痛、めまい
クロルピリホス 倦怠感、頭痛、めまい、悪心、嘔吐
このページのTOPへ

■リフォーム業者だけに頼らない

シックハウス症候群報告の中で多く見られるケースとして、何らかの建築行為の後に症状を訴えるケースです。 これを考えると、新築・リフォームの計画段階において設計・施工会社と使用建材について慎重に吟味することが大事といえます。

その際、設計・施工業者は建築のプロであっても、シックハウス問題についてはほとんどの方が素人であるとまず認識して下さい。

これは、その業者が勉強不足と言うよりも、この問題の社会的な周知徹底が未整備である事による対応の遅れだと言えます。 住宅確保促進法でようやく空気環境の性能表示制度が実施されたものの、任意・有料であるがためにこの制度の利用率は現在のところ低迷しています。 また、対象となる化学物質がホルムアルデヒドに限定されているに過ぎない事を考えると、最高ランクを表示されても問題解決には至っていないと考えられます.

なぜなら、ホルムアルデヒドは住宅建材に含まれる化学物質のひとつに過ぎず、他にもたくさんの種類の化学物質が使われているからです。

このページのTOPへ

■施工前の対策ポイント

リフォームをする前に設計・施工業者と話し合う際、以下の点を話し合い適切な処置をすることが必要です。

  • 敷地条件を把握し、風通しを配慮した窓の配置を計画する
  • 家全体の換気を配慮した平面・断面の計画をする
  • 常時有効な換気ができるよう、小窓や通気口などを施する
  • 有害物質が少ない接着剤や放散が少ない建材などを使用する

建材においてはE0(JIS規格)またはFc0(JAS規格)製品は低濃度とされていますが、製品段階ではその規定値が保たれていないものもあることが、シックハウス対策研究会の分析試験により確認されています。

隠れた部分の接着剤や下地材の選択を誤るとそれも台無しとなる点に注意してください。 また、室内空気環境への影響が大きい内装仕上げ材、下地材には優先的に安全な材料を使用してください。

接着剤・木材・防蟻剤・塗料の選定に関しては、シックハウス対策研究会のホームページをご参照ください。

このページのTOPへ

工務店と直接連絡がとれるkら、仲介手数料・会員登録不要!!今すぐ、近所のリフォーム業者を検索!!
郵便番号で検索
-
※郵便番号がわからない方はこちら
都道府県で検索
施工場所で検索
詳細検索はこちら
- PR -
マイガーデンレシピ
健康サラダ

よくある質問リンクについて利用規約プライバシーポリシー会社概要登録業者様ログインリフォーム会社経営者様へメールマガジン解約

企画・運営 株式会社アイフラッグ
Copyright 2001-2013 My Reform Recipe. All Rights Reserved

アイフラッググループ 提供サービス | 建築業界特化型ホームページサービス ハウジングスタイル | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 サイトディレクター

初心者も安心のホームページトータルサポート クラウドパッケージ | アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス

アイフラッグ ヤフーショッピング オークションブースカスタマイズ 制作代行

医院検索・病院検索 | カラダ・健康情報 | 税理士 | 製造 | 運送業者検索 | ガーデニング