カラーコーディネート術 リフォーム

住宅リフォーム住まいリフォームのことならマイリフォームレシピで!

掲載希望の業者様はこちらから
当サイトへ掲載ご希望の業者様はこちらをご利用ください。

  • リフォーム業者検索
  • リフォーム事例集
  • リフォームのコツ!
  • リフォームコンテンツ
  • リフォーム基礎知識
  • 不動産業者検索

お部屋のメインカラーが「ピンク系」のあなたに・・・。

カラーの特徴

■ホルモンの分泌を促し若返りに効果あり

ピンクは交感神経を刺激し、脳に血液を送る色であるため、頭痛や神経衰弱、ボケ防止などに役立つ色です。 血流をよくし、高血圧や疲労感を穏やかにする他、卵巣ホルモンの分泌を促すため、シミやシワの軽減といった若返りも期待できます。

■攻撃性を抑え精神を和らげる

精神的には、攻撃性を抑える効果がありますのでイライラしがちな人にオススメできます。 また、愛情を求める気持ちを高め、“守られたい願望”を満たしてくれる色でもあります。

カラーコーディネートの落とし穴

■濃いピンクにはレッドのマイナス効果が・・・

ピンク一色の部屋で長期間過ごすと、不安感が増します。また、ピンクはレッドを淡くした色であることから、濃い色を用いたり、多用しすぎた場合は、レッドのマイナス効果も表れてきます。 具体的には、軽い興奮状態になるため、血圧がやや上がったり、脈拍が早くなったりすることが考えられます。 また、寝室に濃いピンクを多用すると、寝つきが悪くなる恐れがあります。

インテリアに上手に活かすポイント

気持ちを和ませる効果からリビング、心身の疲労感を軽減させる点からはプライベートルームやバスルームなどにピンクをオススメできます。 バスルームのタイルや浴槽に用いる場合は、夏場に暑く不快に感じないよう、薄めの色を用いましょう。

その他の色はこちらから▼


よくある質問リンクについて利用規約プライバシーポリシー会社概要登録業者様ログインリフォーム会社経営者様へメールマガジン解約

企画・運営 株式会社アイフラッグ
Copyright 2001-2013 My Reform Recipe. All Rights Reserved

アイフラッググループ 提供サービス | 建築業界特化型ホームページサービス ハウジングスタイル | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 サイトディレクター

初心者も安心のホームページトータルサポート クラウドパッケージ | アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス

アイフラッグ ヤフーショッピング オークションブースカスタマイズ 制作代行

医院検索・病院検索 | カラダ・健康情報 | 税理士 | 製造 | 運送業者検索 | ガーデニング