リフォームのカタチ

住宅リフォーム住まいリフォームのことならマイリフォームレシピで!

掲載希望の業者様はこちらから
当サイトへ掲載ご希望の業者様はこちらをご利用ください。

  • リフォーム業者検索
  • リフォーム事例集
  • リフォームのコツ!
  • リフォームコンテンツ
  • リフォーム基礎知識
  • 不動産業者検索

リフォーム >

リフォームコンテンツ >

リフォームのカタチ >

思い切って作ってみよう!夢の書斎 Vol.19

思い切って作ってみよう!夢の書斎 Vol.19

思い切って作ってみよう!夢の書斎
写真

本を読んだり、書き物をしたりと趣味や作業に没頭できる書斎は皆の憧れです。欲しいけれど今の状態ではまず無理、と諦めてはいませんか?
大丈夫!あなたの家にちょっと工夫をするだけで、家族全員が快適に使える夢の書斎が手に入ります。個室が難しいようなら、オープンスペースを利用してスペースを設けることも一つの手です。
家計簿をつけたり、レシピをまとめるスペースができれば、家事の効率もアップ。専用の本棚や収納にまで手を加えると、お部屋全体がすっきりと片付きます。リフォームする時が書斎の作り時!今回は、こだわりの書斎を作るためのワザをご紹介していきます。

どんな仕様がお好み?個室書斎の作り方

写真

書斎を持つ醍醐味は、趣味とじっくりと向き合うスペースが確保できること。個室での時間はまさに至福と言えますね。
大きな机に椅子、本棚といった重厚なイメージのある書斎は大人だけが使うように思われがちですが、本来の意味は、読書や書き物をする部屋のこと。なかなかリフォームに踏み切れない!という方も家族の作業スペースだと思って、気軽にアレンジしてはいかがでしょうか?大人はもちろん、子供も利用できる勉強部屋など様々な用途に大活躍。家族全員が落ち着ける書斎というのも素敵です。
では、個室の書斎を作る際、どこに注意していけばいいのでしょうか?でポイントをみていきましょう。

重要なデスク選び
写真

おすすめは、大きめのデスク。広い作業スペースがあれば、何でもラクラク行えます。人や椅子が最低限動けるスペースを確保してから、どこまで大きなデスクを置けるか検討していきましょう。

壁面収納がカギ

せっかくの書斎が散らかっているようでは、考えもの。薄型の書棚を壁面に寄せる等、省スペースでの収納を心がけることが大切です

スタディスペースとして利用
写真

デスクを2台置けば、子供や夫婦同士での利用が可能。並んで、勉強や作業をすることで、より一層楽しい時間が過ごせそうですね!

パブリックスペースを書斎に

写真

書斎は欲しいけれど独立した場所がとれない、という方でも心配いりません。リビング等を利用して、誰もが気軽に利用できる書斎を作っていきましょう。知って納得!驚きのアイディアをたっぷりとご案内します。

さまざまな空間が書斎に早変わり!
写真

パブリックスペースをうまく使えば、どんな場所でも作ることができます。大掛かりではなく、机と椅子、その他使う物だけをスマートに置けば念願の書斎が完成します。
まずは、寝室から。一角を利用して書斎コーナーを設けてみてはいかがでしょう?ただしあくまでも寝るための部屋ですから、お互いの睡眠を妨害しないように利用時間を考えたり、遮光に気をつけることが必要です。
リビングの隅を書斎にチェンジ。家計簿をつけたり、ささっと用事をすませたり。家事をしながらでも使える書斎は、とっても便利ですね。
また、廊下や階段下のデッドスペースのほか、押し入れをデスクスペースにした書斎も利用価値大です。

家庭事務書類の収納法
イラスト

書斎に欠かせない収納。整理法に気をつけてすっきりとまとめましょう。進行中のもの、学校関連のもの等、分野ごとに小分けにした後、半透明の引き出しやキャビネットに入れて管理。コツは、目的に合わせたファイリング。一回分けると、どこに何があるのかが明確になります。

これで解決!書籍スペース

写真

思い入れのある本は捨てられないし、何度でも読み返したいものですよね。しかし、本は場所をとるため収納場所には一苦労・・・。今後、新しい本も加わっていくだけに、対策が必要です。見て、読んで楽しい収納法とは?

本だけに使う贅沢空間
イラスト

本好きの方には、とっておきの収納法をご提案。バラバラと各部屋に置いておくよりも、本はまとめて専用部屋へ。重さにも耐えられるように、床には鉄筋を入れる等、リフォームの際は注意しましょう。本に囲まれた、快適生活が送れること間違いなし!ですね。

こんなにある整理術
イラスト

書斎に欠かせない収納。整理法に気をつけてすっきりとまとめましょう。進行中のもの、学校関連のもの等、分野ごとに小分けにした後、半透明の引き出しやキャビネットに入れて管理。コツは、目的に合わせたファイリング。一回分けると、どこに何があるのか奥行きが浅い文庫本を入れる専用の書棚や、おしゃれな雑誌ストッカーなど、見た目にも美しいものを設置。インテリアの一つとして楽しめそうです。また、リビングの多目的棚を書棚にしても、便利。気になるようであれば、布やカーテンで目隠ししてもよいでしょう。
が明確になります。

まとめ

イラスト

敷居が少し高かった書斎も、ライフスタイルにあった形にすることで、ぐっと身近な存在に。読んだり、書いたり、とっても便利な書斎を持つことで、生活もより一層豊かになりそうです。一人だけでなく、家族全員が満足できるようリフォームしたいものですね。


工務店と直接連絡がとれるkら、仲介手数料・会員登録不要!!今すぐ、近所のリフォーム業者を検索!!
郵便番号で検索
-
※郵便番号がわからない方はこちら
都道府県で検索
施工場所で検索
詳細検索はこちら

よくある質問リンクについて利用規約プライバシーポリシー会社概要登録業者様ログインリフォーム会社経営者様へメールマガジン解約

企画・運営 株式会社アイフラッグ
Copyright 2001-2013 My Reform Recipe. All Rights Reserved

アイフラッググループ 提供サービス | 建築業界特化型ホームページサービス ハウジングスタイル | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 サイトディレクター

初心者も安心のホームページトータルサポート クラウドパッケージ | アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス

アイフラッグ ヤフーショッピング オークションブースカスタマイズ 制作代行

医院検索・病院検索 | カラダ・健康情報 | 税理士 | 製造 | 運送業者検索 | ガーデニング