リフォームのカタチ

住宅リフォーム住まいリフォームのことならマイリフォームレシピで!

掲載希望の業者様はこちらから
当サイトへ掲載ご希望の業者様はこちらをご利用ください。

  • リフォーム業者検索
  • リフォーム事例集
  • リフォームのコツ!
  • リフォームコンテンツ
  • リフォーム基礎知識
  • 不動産業者検索

リフォーム >

リフォームコンテンツ >

リフォームのカタチ >

住まいの設備をチェック!インテリアと調和した素敵な家へ Vol.13

住まいの設備をチェック!インテリアと調和した素敵な家へ Vol.13

住まいの設備をチェック!インテリアと調和した素敵な家へ

キッチンをはじめ、エアコン、テレビなど、今や家電は、生活に欠かせない存在となっています。日々進化する技術やデザインの進歩によって、新しいものが次々登場。数年前定番だったものがもう古いものに変わってしまった、ということも少なくありません。住まいの設備が多様化し、さまざまなタイプが出回っているだけに、インテリアを考える上で、家電はとても大切。インテリアと合わなくなってしまった、という事態を避けるためにも、使い勝手はもちろん、コストなどを考えたプランニングが必要です。そこで、今回は、リフォームの際にも取り入れたい、注目度の高い家電の設備やインテリアへの取り込み方をご紹介していきます。

インテリアに合った家電を選ぶ

私たちのライフスタイルに溶け込んでいる家電。まず、インテリアとコーディネートする上で何がポイントとなってくるのでしょうか?早速みていきましょう。

気をつけておきたいポイントとは?
写真
写真
写真
写真
テレビは、目の負担を考えて配置を

近年、大画面化が進むテレビ。薄型タイプはコンパクトなため、配置も自由自在。目に負担がかからないよう、薄型なら画面高の約3倍の距離をとりましょう。壁掛け式のテレビはスタイリッシュですが、専用の取り付け金具の重さを考えると、壁の補強などのリフォームが必要です。

部屋の広さに合わせて選びたい、空気清浄機・除湿・加湿器

花粉やハウスダスト対策に欠かせない空気清浄機。最近では、おしゃでデザイン性のあるものが多いため、部屋のポイントにもなります。他のインテリアもかねて、選んでいきましょう。また、忘れてならないのは部屋の広さ。広い場所で小型のものを使っても空気がきれいにならいばかりか、加湿も不十分に。きちんと性能を見極めて購入しましょう。

収納場所に困る掃除機はコンパクトなものが正解

どうしても場所をとる掃除機は、縦型のスティッククリーナーがおすすめ。部屋の隅に置けば、掃除をする時にさっと取り出せます。最近では、デザイン性に優れているものも登場しているので、考慮にいれたいところ。サイクロン式ならごみ捨てもラクラクです。

ビルトインタイプならすっきり!のエアコン

省エネ化が最も進んでいる家電の一つに挙げられるのがエアコン。そのため新しいものの方が、エアコン代はお得。薄型タイプでデザイン性のあるものもありますが、インテリアにこだわるなら天井に埋め込むビルトインタイプを。圧迫感もなく、開放的な雰囲気です。大掛かりな工事を伴うため、リフォームの際取り入れるとよいでしょう。

置き場所に困る洗濯機は、収納に一工夫

近年では、洗濯から乾燥まで、一括して行ってくれる洗濯乾燥機が増えています。中でも、衣類の傷みが少なく、縦型よりも水量が少量で済むドラム式が人気。置き場所は、扉付きの収納スペースを設けて隠してしまえば、来客時も気になりません。

ライフスタイルにあったキッチンを手に入れる

写真

毎日立つキッチンは、できるだけ快適な空間にしたいもの。まずは、キッチンをリフォームする際、レイアウトやクローズド・オープンといったスタイルを検討。その上で、システムキッチンに好みや必要な機能を合わせて、オリジナルの空間を作っていきましょう。取り入れたい注目設備を紹介します。

快適なキッチンへ!押さえておきたい注目設備
写真
写真
家事の負担が大幅に軽減!食器洗い乾燥機

食器洗いの手間が省けるうえ、高温の湯ですすぐため油汚れもすっきり。水量も手洗いに比べ約7分の1、乾燥もできるので清潔、といいことづくめな食器洗い乾燥機。据え置き式もありますが、リフォームするならビルトイン式がおすすめです。引き出し式か前開き式か、また大きさはどうするか、ライフスタイルを考えてセレクトしていきましょう。

浄水器を取り付けて、毎日安全な水を

ミネラルを残しながら濁りやカルキ臭、鉛などを除去してくれる優れものの浄水器。安全でおいしい水が毎日飲める、とあって取り付ける家庭も最近では増えています。シンク下に本体、専用水洗をシンクまわりに取り付ける「ビルトイン型」や水栓と浄水が一緒になった「水栓一体型」などさまざまなタイプがあります。スペースや浄水機能を考えて、リフォームしたいところです。

毎日のお手入れ簡単!IHクッキングヒーター

炎を使用しないため、安心して使えるIHクッキングヒーター。フラットな形状だから、調理後のお手入れも手間いらず。最近ではステンレス以外に、銅や他の素材にも対応できるIHが登場しています。ガスからの付け替えもできますが、専用の電気配線工事が必要なのでリフォームの際は前もって検討しておきましょう。

生ごみ処理機で衛生的なキッチンが実現

調理の際に出る、野菜や果物、肉や魚などの生ごみ処理は面倒なもの。そこで、衛生的にこれらを処理してくれる生ゴミ処理機が大活躍。排水口に直接生ゴミを捨てられる直結型ならとっても便利です。ただし、シンク下にスペースが必要な場合もあるので、リフォーム時に確認を。

環境にやさしい太陽光発電システムに注目!

写真

せっかくリフォームするのなら、環境や将来の設備投資も考えて、太陽光発電システムを取り入れてはいかがでしょうか?太陽光発電システムは、発電時に地球温暖化の要因として考えられている二酸化炭素や大気汚染物質を排出しないため、地球に優しいエネルギーとして注目されています。それでは、設置方法をみていきましょう。

太陽光発電システムのリフォームポイントとは?

太陽の光を利用して電気を作り出す太陽光発電システム。リフォームする場合、屋根を屋根材型の太陽光発電システムにチェンジする方法と、屋根の上に太陽光発電を置く形の二種類があります。雨や曇りの日等、電力が足りない時には電力会社から電気を買うことになりますが、晴れの日のあまった電力は逆に売ることが出来ます。気になる設置料金ですが、通常3〜4kwのシステムを設置すると210〜280万円程度。足場を組むので、せっかくなら効率的に外壁等のリフォームも一緒に行いたいところです。また、屋根置き型はレールや金具などの重量が1u当たり20kg前後と重いため、設置できないことも。まずは、施工業者に相談してみましょう。

まとめ

写真

家電や設備は、本当にたくさんの商品が出回っています。いろいろ迷ってしまうと、インテリアがバラバラになってしまう危険性も。毎日、家族全員が快適に過ごせるよう、まずはどんな家にしたいのか、インテリアのイメージを固めてから、リフォームや家電を購入することが得策です。


工務店と直接連絡がとれるkら、仲介手数料・会員登録不要!!今すぐ、近所のリフォーム業者を検索!!
郵便番号で検索
-
※郵便番号がわからない方はこちら
都道府県で検索
施工場所で検索
詳細検索はこちら

よくある質問リンクについて利用規約プライバシーポリシー会社概要登録業者様ログインリフォーム会社経営者様へメールマガジン解約

企画・運営 株式会社アイフラッグ
Copyright 2001-2013 My Reform Recipe. All Rights Reserved

アイフラッググループ 提供サービス | 建築業界特化型ホームページサービス ハウジングスタイル | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 サイトディレクター

初心者も安心のホームページトータルサポート クラウドパッケージ | アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス

アイフラッグ ヤフーショッピング オークションブースカスタマイズ 制作代行

医院検索・病院検索 | カラダ・健康情報 | 税理士 | 製造 | 運送業者検索 | ガーデニング