リフォームのカタチ

住宅リフォーム住まいリフォームのことならマイリフォームレシピで!

掲載希望の業者様はこちらから
当サイトへ掲載ご希望の業者様はこちらをご利用ください。

  • リフォーム業者検索
  • リフォーム事例集
  • リフォームのコツ!
  • リフォームコンテンツ
  • リフォーム基礎知識
  • 不動産業者検索

リフォーム >

リフォームコンテンツ >

リフォームのカタチ >

内装材に注目!自然素材を使った身体に優しい快適空間 Vol.12

内装材に注目!自然素材を使った身体に優しい快適空間 Vol.12

自然素材を使った身体に優しい快適空間

家族が集う家では、リフォームを施して安全で過ごしやすい環境を常に保ちたいものです。リフォームでは、大規模な間取り変更等のほか、仕上げの内装材選びも大切なポイント。どんなものを選ぶかによって部屋の印象が大きく変わってしまううえ、素材が持つ特性は日常の過ごしやすさを左右します。例えば、湿気等に強い素材であればリフォーム後のお手入れもラクラクに。また、使われている素材は、人によってアレルギーを引き起す危険性もあります。
そこで今回は、環境や身体に優しい、自然素材を使った内装材のリフォームをご提案していきます。

【化学物質が及ぼす身体への影響とは?】

近年、よくテレビや雑誌等で「シックハウス症候群」という言葉を耳にしますが、一体どのようなものなのでしょう?

シックハウス症候群とは?
シックハウスによる被害

以前の日本家屋は、木造・ふすまという隙間だらけのつくりでしたが、現在は冷暖房効率のよい高気密な家や便利な建材を使用した家が増加。これに伴い、新築やリフォーム後に、「頭痛やめまい等がする」といった報告が多くよせられるようになりました。 施工時に使われる接着剤や塗料、木材をシロアリなどから守る防腐剤等には、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンなどの有害化学物質が使われている場合があります。
化学物質には揮発性があり、気密性の高い部屋を長時間締め切ると室内空気汚染が進むケースも。身体の不調が有害化学物質に起因すると考えられることを「シックハウス症候群」といいます。 悪化すると、非常に微量の化学物質等でも症状を引き起こす「化学物質過敏症」に発展する恐れもあるので注意が必要です。

どんな症状が起こるの?
シックハウスにかかった時の症状

具体的な症状としては、次のようなものなどがあげられます。

  • ・頭痛や耳鳴り
  • ・めまい
  • ・のどの痛み
  • ・鼻水
  • ・くしゃみ
  • ・口内炎
  • ・下痢
  • ・腹痛
  • ・ぜんそく
  • ・吐き気
  • ・食欲不振
  • ・皮膚炎
  • ・手足のしびれ
  • ・不眠
  • ・自律神経異常
  • ・全身のだるさ

もし、身体に不調を感じたら、すぐ病院で診察を受けましょう。

放出量は事前にチェック

内装材、下地材など、ホルムアルデヒドの放出量は、JISやJASなどで等級が設けられています。シックハウス症候群にならないためには、有害化学物質を使用した建材や接着剤を極力抑えたリフォームが大切。内装材を検討する際は、できるだけ、最高等級のF☆☆☆☆の素材を選びたいところです。 そのほか、家ではこまめな換気も忘れずにしましょう。

暮らしやすい内装選びのポイント

多くの種類があってセレクトに迷う内装材ですが、どのような建材を選べばいいのでしょうか?早速、みていきましょう。

安全で快適!こだわりの床に
自然素材の床
コルク

床材は、室内の空気環境に最も影響を与えやすいといわれています。フローリング等、貼り合わせの接着剤に有害化学物質が含まれるケースもあるので慎重に選びたいところです。

やっぱり安心!の無垢材
天然素材の無垢のフローリングは、保湿性や弾力性に優れている点も特徴の一つ。年月を重ねるごとに味わいが増し、素材感も楽しめます。
風合いを楽しむ竹の床
竹でできた床は環境にもやさしいうえ、防菌効果等のメリットも。インテリアの一部としてのデザイン性も抜群です。
防音性も期待できるコルク材
断熱性や弾力性のある天然素材のコルクの床材は、万が一燃えても有毒ガスも発生しないため安心して使用できます。接着剤を使わないで施工できるタイプもあります。
質感がオシャレな天然素材
天然素材

塩化ビニールのクロスも多く見受けられますが、加工の際に使われる可塑剤や接着剤が気になるところ。天然素材の壁を選べば安心なうえ、ぐんと質感もアップします。では、一体どのようなものがあるのでしょうか?

日本の気候にもぴったりな珪藻土
珪藻土とは、海中の植物性プランクトンの遺骸が蓄積してできた土のこと。有害化学物質の吸着作用や湿度調節効果もあるといわれています。
壁にもオーガニック素材を
3年もの間、農薬や化学肥料を使わない農地で、農薬や化学肥料を使用せずに作られた環境にもやさしいオーガニックコットン。やわらかなテクスチャーも魅力です。
目に見えない断熱材も、さまざまなタイプが登場

壁などの裏側に入れる断熱材の多くはグラスウール等が使われていますが、製造時に含まれる有害化学物質が心配だという声も聞かれます。その場合は有害物質不使用の断熱材をセレクトするのも一つの手です。最近ではペットボトルから製造した環境にやさしい製品や杉の樹皮を使った板材なども。ぜひ、取り入れてみたいものです。

自然素材を取り入れた素敵な空間

床や壁など、安全でやさしい自然素材をたっぷりと使用した空間は、気持ちのいいもの。 過ごしやすいお部屋のスタイルを紹介します。

無垢のフローリング、天然塗料
天然素材でできた部屋
家族全員大満足なアジアンテイスト
ざっくりとした自然素材を多く使うため、エキゾチックでオシャレな気分が楽しめます。床材に自然な風合いの木材を選んだり、木造の増築部分はそのまま構造材をみせるつくりにすれば、アジアな空気満点。
アンティーク素材でアットホームな空間を
床に無垢のフローリングを用いれば、足元から温かさが伝わります。塗料も天然の植物油からできたものなら安心。自然素材がいっぱいの空間は、育ち盛りの子どもにも人気です。
肌で感じる天然素材の温かさ
床に無垢のフローリングを用いれば、足元から温かさが伝わります。塗料も天然の植物油からできたものなら安心。自然素材がいっぱいの空間は、育ち盛りの子どもにも人気です。

【まとめ】

現在では、内装材製品も本当に沢山の種類が出ているので、好みにあった素材をセレクトできるのがうれしいところ。リフォームする際は、環境にも身体にもやさしい天然素材の内装材を選んで、家族全員が安心して過ごせるよう気を配りたいものですね。


工務店と直接連絡がとれるkら、仲介手数料・会員登録不要!!今すぐ、近所のリフォーム業者を検索!!
郵便番号で検索
-
※郵便番号がわからない方はこちら
都道府県で検索
施工場所で検索
詳細検索はこちら

よくある質問リンクについて利用規約プライバシーポリシー会社概要登録業者様ログインリフォーム会社経営者様へメールマガジン解約

企画・運営 株式会社アイフラッグ
Copyright 2001-2013 My Reform Recipe. All Rights Reserved

アイフラッググループ 提供サービス | 建築業界特化型ホームページサービス ハウジングスタイル | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 サイトディレクター

初心者も安心のホームページトータルサポート クラウドパッケージ | アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス

アイフラッグ ヤフーショッピング オークションブースカスタマイズ 制作代行

医院検索・病院検索 | カラダ・健康情報 | 税理士 | 製造 | 運送業者検索 | ガーデニング