リフォームのカタチ

住宅リフォーム住まいリフォームのことならマイリフォームレシピで!

掲載希望の業者様はこちらから
当サイトへ掲載ご希望の業者様はこちらをご利用ください。

  • リフォーム業者検索
  • リフォーム事例集
  • リフォームのコツ!
  • リフォームコンテンツ
  • リフォーム基礎知識
  • 不動産業者検索

リフォーム >

リフォームコンテンツ >

リフォームのカタチ >

リフォームで季節に負けない健康住宅 リフォームのカタチVol.2

リフォームで季節に負けない健康住宅 リフォームのカタチVol.2

リフォームで、季節に負けない健康住宅、断熱化で夏涼しく冬暖かい家、床暖房で快適ライフ、オール電化で快適をキープ

四季がはっきりしている日本で欠かせないのが、夏の暑さと冬の寒さ対策。みなさんの住まいでは、夏になると部屋が暑くてクーラーを強くしすぎてしまう、一方で冬は寒さで暖房を効かせすぎてしまう…といったことが起きていませんか? 季節の変わり目に光熱費がかさんでいる、冷暖房で体調を崩してしまうという方は、健康住宅リフォームをする必要があるでしょう。キーワードは「高気密・高断熱」「床暖房」「オール電化」です。 夏暑くて冬寒い家から脱却し、健康住宅を手に入れるためには、リフォームが一番の近道です。 外壁工事をしたり、エコ住宅にリフォームをして家全体の基本性能を上げたりすることで、これらの悩みは解決することができます。しかも仕様によっては環境にやさしいというメリットも。 今回は、断熱性に優れた省エネ住宅のリフォームポイントについてご紹介していきます。

断熱化で夏涼しく冬暖かい家

夏涼しくて冬暖かい家にするには断熱化が欠かせません。高気密・高断熱の家は新築住宅では今や常識。断熱化をすることで、例えばこんなメリットがあります。

  • 冷暖房効果が持続熱や空気が逃げないよう設計されているので冷暖房効果が持続。光熱費の節約や省エネルギーにもつながります。
  • ご高齢の方も安心できる室内環境が実現各部屋の温度差が少なくなるため、脳卒中等を引き起こすヒートショックの防止効果も期待できます。
  • 家が長持ちする吹き抜けなどの場所でも温度差が少ないので結露の発生を抑えることができます。
Point!断熱化のリフォームをするなら…

断熱工事は空気が漏れないよう全体に断熱材を施さなくてはなりませんが、リフォームでは構造上難しい場合もでてきます。そこで家全体に断熱工事ができるのか、それとも部分的に囲んで断熱空間を作るのかを確認し、しっかり計画することが大切です。

断熱のリフォームをするなら、このキーワードをチェック!

断熱性を高める工法には大きく分けると外断熱と内断熱があります。

外断熱は熱伝導率の低い発泡プラスチック系でボード状に加工された素材などを使用し、壁・柱の外側一面を断熱する方法のこと。 内断熱のように外壁と柱間に断熱材を入れる必要がないので、壁内の通気性がよく湿気がこもらないというメリットも。

内断熱は、壁の内側や柱と梁の隙間に断熱材を充填するというもの。 素材として繊維系のグラスウールや発泡系のウレタンフォーム等が使用されています。壁の厚さが変わらないということや施工が容易というメリットがあります。

外断熱・内断熱

両者とも違ったメリットがあり、家の構造により、適した工法は違ってきます。 専門家にきちんと相談し、予算と効果を検討しながらリフォーム方法を選択しましょう。

断熱性と気密性をアップさせるには?

外壁に加えて、空気が逃げ出さないように窓に工夫を施すことも大切。断熱性や結露防止に効果的な複層ガラスのほか、結露水の処理機能を設けたものや気密性を高めた機能的なサッシ製品も登場しているので、あわせて検討してみるとよいでしょう。

床暖房で快適ライフ

高気密・高断熱の家を計画したら、それにともない少々大掛かりな暖房リフォームも一緒に検討することをおすすめします。 床暖房なら広い空間でも隅々まで暖かく場所もとりません。しかも、光熱費が安いうえ健康的でクリーン、電気式の床暖房おならメンテナンスも基本的に不要など、たくさんのメリットがあります。 ただ、床暖房を取り入れる際には、空調設備をきちんと設置することが重要です。高気密・高断熱の家では温度を快適に保つことができる反面、空気の流れがスムーズにいかない場合もでてきます。専門家に相談しながら、温度環境に支障をきたさない換気計画を立てましょう。

床暖房にリフォームするなら、このキーワードをチェック!

床暖房には電気式と温水式があります。

床下に通したパイプに、ガスや灯油を利用して沸かしたお湯を通すシステムの温水式。広い場所の設置に適しています。設置工事やメンテナンス費用が別途かかるので注意。その代わりに、ランニングコストが電気式よりも安いとされています。

電熱線のヒーターを発熱させ暖める電気式。既存の床に張ることもでき費用も比較的安価です。また、薄型やフィルム状などの製品も登場し施工が用意なため、リフォームに適しています。

床暖房

両者とも違ったメリットがあり、家の構造により、適した工法は違ってきます。 専門家にきちんと相談し、予算と効果を検討しながらリフォーム方法を選択しましょう。

オール電化で快適をキープ

高気密・高断熱の快適性を維持するなら、あわせて考えたいのがオール電化住宅です。 最近では、電気設備の省エネ化が進んだことやオール電化住宅向けの電気料金が設定されるなど、電気をうまく使うことで光熱費の削減も可能になってきました。 オール電化式の住宅にリフォームすれば燃焼機器を使用しないので、例えば夏場のキッチンで汗びっしょりになって調理していたのが比較的楽になります。 そのうえ環境にやさしくて清潔。さらに高齢の方や小さなお子様も安全に暮らせる住宅が実現します。

オール電化にリフォームするなら、このキーワードをチェック!
IH(電磁加熱器)

コンロ火を使用しないので、安心・安全。フラットプレートなのでお掃除もラクラク。熱効率がガスコンロに比べ高いことも特徴です。

ヒートポンプ給湯機(エコキュート)

電気で沸かすバスルーム空気の熱を利用してお湯を沸かすCO2ヒートポンプ給湯機(エコキュート)。オゾン層を破壊しないので、地球温暖化防止にも役立ちます。

太陽光発電システム

屋根に太陽光発電システムを採り入れることで、電気代を削減する方法もあります。余った電力は電力会社が買い取ってくれるというメリットも(別途契約が必要)。しかし設置費用は安いものではないので、設置前に費用対効果を業者に確認する必要があるでしょう。 暑さ寒さ対策だけでなく、リフォームすることで環境にやさしい住まいの実現や光熱費削減など、たくさんのメリットを得ることができます。 ただ、家の構造などの関係で、適した方法は変わってきます。現在の家のしくみや性質を上手に利用して、リフォーム計画をしっかり立てたいもの。キーワードを押さえながら、まずは信頼できる業者さんに相談をすることから始めてみてはいかがでしょうか。 まずはお住まいの住所から、条件にあった業者を探してみましょう。

>>施工場所・目的から検索


工務店と直接連絡がとれるkら、仲介手数料・会員登録不要!!今すぐ、近所のリフォーム業者を検索!!
郵便番号で検索
-
※郵便番号がわからない方はこちら
都道府県で検索
施工場所で検索
詳細検索はこちら

よくある質問リンクについて利用規約プライバシーポリシー会社概要登録業者様ログインリフォーム会社経営者様へメールマガジン解約

企画・運営 株式会社アイフラッグ
Copyright 2001-2013 My Reform Recipe. All Rights Reserved

アイフラッググループ 提供サービス | 建築業界特化型ホームページサービス ハウジングスタイル | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 サイトディレクター

初心者も安心のホームページトータルサポート クラウドパッケージ | アイフラッグ ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス

アイフラッグ ヤフーショッピング オークションブースカスタマイズ 制作代行

医院検索・病院検索 | カラダ・健康情報 | 税理士 | 製造 | 運送業者検索 | ガーデニング